FiCSS フィールドワークを支援するソフトウエア

拡大する豪雨災害を防ぐには

Ggis Disaster

 最近、各地で豪雨による災害が増加しているようですが、やはり地球温暖化による影響でしょうか。今年は台風の数、規模、さらにはその動きまでこれまでにない記録的な状況になっています。こういった天候による災害が全国各地で起こっています。多くは雨の量による土砂崩れや河川の氾濫ですが、これらの危険箇所は比較的事前に特定できるものです。
 そのために、災害の恐れがある危険個所を事前に調査し、広く告知して防災に役立てる環境を整えることが望まれます。危険個所を事前に調査し、それをWebサイトで公開して、広く認識しながら対策を推進していくことが、これからの地域行政には必要な事ではないでしょうか。
 このような防災環境を構築するためにFICSSが利用され、地域防災の一助になることは最も理想的な適用例と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事