FiCSS フィールドワークを支援するソフトウエア

出張支援

出張支援

日々、拠点から現場に出向く業務でももちろん活用できますが、数日、1週間以上の長期で特定地域や海外などに出張して活動する場合は、特にコミュニケーションと状況報告は重要になってきます。
こういった、地域開拓の出張業務での活動記録、報告支援として利用することができます。

運用の概要

特定地域の新規開拓を行う場合、予定される訪問先ばかりでなく現地で獲得する訪問先も発生することがありますが、こういった状況を含めて記録、報告します。(新たな開拓先の位置情報は検討資料として活用します。)
予定の訪問先で活動を開始し、報告記録を残します。
新たな訪問先が発生した場合、責任者へ詳細な情報(場所、内容など)を送り、確認を行いながら新規登録を行って活動履歴として蓄積します。
日次で予定調整などを含め業務報告を行います。

業務での利用イメージ

管理者(PC、タブレット) 担当者(スマートフォン)
地域開拓の営業プロジェクトを登録する 営業プロジェクトを確認、最初の訪問先へ
営業プロジェクトの依頼を行う 訪問先の報告を行う
担当者からの訪問先候補を受取る 新たな訪問先候補について確認する
(場所、概要情報を送る)
訪問先候補に対して回答する 新たな訪問先をタスクとして追加する
訪問結果の報告を確認する 訪問の結果を報告する
地域戦略の次期計画資料を作成 実施詳細予定の作成、実施へ

業務オプション

1.プロジェクト一覧表示
週次、月次、期間指定、および担当毎で作成します。

2.訪問先を含む地図のデジタル出力
地域の市場戦略検討資料で利用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です